お子様の歯を守るための通院を

「はじめての歯医者さん、いつ行けばいいの?」と疑問に思われているご家族の皆さんは、多いのではないでしょうか。こちらでは、お子様の歯科通院のタイミングについてご紹介したいと思います。

歯科に行くタイミングとは?

生後6ヶ月頃 ~乳歯が生え始めたら~

お口の中にかわいい乳歯が生えてきたら、もう虫歯にかかる可能性があります。乳歯はやわらかいため虫歯になりやすく、また初期の虫歯はご家族の皆さんにも見つけにくいもの。将来治療が必要となったときに歯科医院を怖がらないよう、雰囲気に慣れさせ、お口を開ける練習と考えて、一度連れてきてあげましょう。

この時期のケアは?
食後や寝る前にはお茶などを飲ませたり、濡れたガーゼなどで歯の表面をふいてあげたりしましょう。

1歳6ヶ月から3歳頃 ~乳歯が増えてきたら~

この頃のお口の中には、上下の前歯12本、奥歯4本の乳歯が順番に生えてきます。きちんとしたお口のケアが難しいこの時期は、とくに虫歯になりやすい時期。保健センターなどで行われる1歳半健診・3歳児健診で、お口の中をしっかり見てもらいましょう。

健診で気になるところがあった場合には、一度クリニックにお越しください。乳歯がきちんと生えそろってきているか、咬み合わせはどうかなども併せて診察します。定期的にクリニックに通う習慣をつけていきましょう。

この時期のケアは?
食後には、お子様自身でブラッシングする習慣をつけさせてあげましょう。まだまだきれいにはみがけない時期ですので、最後には仕上げみがきをしてあげてください。歯ブラシを咬んでしまうお子様も多いので、仕上げみがき用の歯ブラシを分けておくのもいいでしょう。

小学生 ~永久歯に生え替わってきたら~

乳歯から永久歯に生え替わる時期。歯の大きさがそろわず、ブラッシングがしにくいため虫歯になりやすくなります。6歳臼歯は溝が深くみがきにくいため、とくに虫歯になりやすい歯。咬み合わせの将来も見えてくる時期ですので、6歳臼歯が生えたら一度診察にお越しください。

この時期のケアは?
まだまだお子様だけではきちんとブラッシングできないため、最後にしっかり仕上げみがきをしてあげましょう。当クリニックでは、虫歯予防のためのフッ素塗布やシーラントなどの処置も行っていますので、お気軽にご相談ください。

「あおき歯科・矯正歯科クリニック」の、お子様の通院についての考え

大人でも、歯科医院に通うことに苦手意識を持たれる方は多いもの。お子様であればなおさらです。そこで当クリニックでは、お子様が歯科医院に対して先入観を持たないよう、小さな頃から通っていただくことをおススメしています。

はじめはしっかり治療や処置ができなくても大丈夫。まずは雰囲気に慣れることが肝心です。フッ素塗布だけ、ブラッシングだけなどからはじめ、嫌がらずに診療を終えられたらその後も自然に通えるようになるでしょう。スタッフ一同、お子様が「ぼく(わたし)の歯医者さん」として親しみを感じ、ファンになっていただけるよう通いやすい環境づくりに努めます。

最後に矯正認定医としてお話したいことは、「お子様の咬み合わせ」のこと。咬み合わせはお口の健やかな成長の基盤となります。矯正治療にはさまざまな方法がありますが、お子様が小さなうちから取りかかれるものもあり、よい効果を得るにはタイミングを逃さないことが大切です。手遅れにならないよう、早め早めを心がけてご来院いただければ幸いです。

ページの上部に戻る