こんな症状ありませんか?

あなたのお口の中に、こんな症状はありませんか?

ブラッシングすると血が出る<br />歯ぐきが赤く腫れている<br />歯が長くなったように見える<br />歯がグラグラする<br />歯ぐきから膿が出る<br />講習が強くなった

これらは、歯周病のよくある症状です。歯周病は虫歯と同じく初期には自覚症状がないため、こういった症状が現れたときには、すでにかなり進行してしまっていることが考えられます。歯周病の治療は早めが肝心。症状の進行を食い止めるために、気になる症状がある場合には、できるだけ早くご来院ください。

歯周病で歯を失う?

歯周病とは、お口の中の歯周病菌によって歯ぐきが炎症を起こし、徐々に歯を支える歯ぐきや顎の骨が溶かされていってしまう病気です。放っておくと歯は支えを失い、最終的には抜け落ちてしまいます。

歯周病は、単に歯ぐきが腫れるだけの病気ではないのです。歯周病で歯を失わないために、早めの治療や予防に励みましょう。

全身への影響

歯周病は大切な歯を奪う恐ろしい病気ですが、その脅威はお口の中だけに留まらず、実は全身にもさまざまな悪影響を与えます。

肺炎
肺炎
歯周病菌が肺に入り込むと、肺炎を引き起こすことがあります。
血管系の病気
血管系の病気
歯周病菌が血管に入り込んで全身をめぐると、動脈硬化を招きます。
心臓病
心臓病
歯周病菌が心臓に入り込むと、心臓病を引き起こすことがあります。
糖尿病
糖尿病
歯周病と糖尿病は深い関係にあり、互いの症状の悪化を誘発し合います。糖尿病の方は歯周病になりやすい環境になることも。
早産・低体重児出産
早産・低体重児出産
歯周病菌が子宮に悪影響を及ぼし、早産や低体重児出産を招きやすくなります。

このように歯周病は、「命にも関わる病気」だといっても過言ではありません。大切な歯と全身の健康のために、適切な治療や予防に励みましょう。

――本当はみがけていない?おうちでのブラッシング

ご自宅で毎日欠かさずブラッシングをしていたのに、虫歯や歯周病になってしまった……という方は少なくありません。セルフケアとして毎日のブラッシングはとても大切なものですが、どんなに丁寧にみがいたと思っていても、実際にはお口の中すべての汚れを落とすことはできないのです。

つまり虫歯や歯周病の予防には、ご自宅でのブラッシングに加え、クリニックでの専門的なクリーニングが欠かせないということ。当クリニックでは、クリーニングのプロである歯科衛生士が専門の器具を使ってお口の中を徹底的にきれいにします。

お口の中に残った汚れは細菌の温床になり、症状を悪化させるもと。提示された期間を守り、クリニックでのクリーニングをしっかり受けるようにしましょう。

歯周病治療メニュー

ブラッシング指導
おもに、ごく初期の歯肉炎に対して行います。一人ひとりのお口の環境に適した正しいブラッシング方法を指導します。
※ブラッシングは歯科医院での治療と合わせて行うご自宅でのケアとなりますので、継続して指導することがあります。
スケーリング
比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。「スケーラー」という器具を使って普段のブラッシングでは取り除けない、歯に付着したプラークや歯石を除去します。
ルートプレーニング
スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびり付いたプラークや歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。

「あおき歯科・矯正歯科クリニック」の歯周病治療の考え

当クリニックで重視しているのは「スケーリング」「ルートプレーニング」です。定期的に行うことで、歯周病の進行を食い止めるだけでなく、徐々に歯ぐきの状態も改善させていきます。
患者様の大切な歯を守ることを第一に考え、適切な治療・処置をご提案いたします。

ページの上部に戻る